メニュー

サルコペニア、フレイルと糖尿病

【埼玉県さいたま市大宮区】 ★大宮駅前の糖尿病内科★

【糖尿病と食事】田中名誉院長

🟢サルコペニア、フレイルと糖尿病

①サルコペニアやフレイルと糖尿病は関連がありますか?

A:筋肉量が減ることは血糖値上昇の原因になります。

 サルコペニアは加齢により筋肉量が減った状態、フレイルは虚弱という意味で身体の活動量が低下している状態のことです。筋肉は糖をグリコーゲンとして蓄積する器官でもあります。筋肉量が低下したりすると、血糖が使われず、インスリンの働きも悪くなるため、血糖値が上昇しやすくなります。

 

②サルコペニアやフレイルを防ぐにはどんな食事をすればよいですか?

A:肉や魚、乳製品をとり、低栄養にならないように気をつけましょう。

 血糖コントロールやダイエットを意識するあまり、極端に食事量を減らして低栄養に陥る糖尿病患者さんは少なくありません。体を動かす筋肉にはたんぱく質が、体を支える骨格にはカルシウムが不可欠で、食事から摂取する必要があります。特に高齢者は、これらの栄養素を含む肉や魚、牛乳などの乳製品を減らしすぎないようにすることが重要です。

 

③糖尿病の人がたんぱく質やカルシウムを含む食品を食べるときの注意点は?

A:低エネルギー、高たんぱく質の材料を優先的に選びましょう。

 たんぱく質源、たんぱく質源になる肉や魚、乳製品は、脂肪が少ない低エネルギーの部位や種類を選びましょう。また、調理は、油を使った高エネルギーな揚げ物や炒め物は回数を減らし、煮物、焼き物などの油をあまり使わない調理を中心にしましょう。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME